FUJITSU セキュリティソリューション AZSECURITY BSTS 標的型攻撃対策 FFRI yarai

未知の脅威にも対応できる防御力!標的型攻撃対策ソリューション「FFRI yarai」

  • ※1 キャンペーン適用条件:[お申込み期間]2018年12月21日までご契約分(先着30社限定) [対象]クライアント数 10ID以上ご契約頂けるお客様
  • ※2 出典:ミック経済研究所「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2017【外部攻撃防御型ソリューション編】」
  • ※3 出典:ITR「ITR Market View:エンドポイント/無害化/インターネット分離市場2017」
標的型攻撃をめぐるこんな課題はありませんか?
  • さまざまな対策があり、何から対策していいかわからない・・・
  • 対策の重要性は理解しているが、コストがあまりかけらなれない・・・
  • 対策を講じたいが、導入や運用のためのリソースが足りない・・・

標的型攻撃は従来型のセキュリティ対策では防ぎきれません…

従来型の対策ではすり抜けてしまう攻撃に対する
セキュリティ対策が必要です!

標的型の攻撃は従来型のセキュリティをすり抜ける

標的型攻撃は、次世代型エンドポイントセキュリティ
「AZSECURITY BSTS 標的型攻撃対策 FFRI yarai」で解決!

富士通マーケティングなら、
貴社環境に最適なシステム投資と安心の運用を実現します!

株式会社FFRIの標的型攻撃対策「FFRI yarai」を、富士通マーケティングがクラウド型でご提供。導入から運用管理までのマネージドサービスを付加し、中堅・中小企業が利用しやすい形でご提供いたします。

富士通マーケティング×FFRI Yarai

AZSECURITY BSTS 標的型攻撃対策 FFRI yarai

今なら初期費用と月額費用が最大3ヶ月間無料!

※2018年12月21日までに、10ID以上ご契約頂けるお客様限定(先着30社)

  1. 1未知の脅威にも対応できる防御力「FFRI yarai」

    多くの企業・組織で導入実績のある
    純国産エンドポイントセキュリティ「FFRI yarai」を採用!

    出荷金額・本数No.1

    • ※2 出典:ミック経済研究所「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2017【外部攻撃防御型ソリューション編】」
    • ※3 出典:ITR「ITR Market View:エンドポイント/無害化/インターネット分離市場2017」

    従来型ウイルス対策のようなパターンファイルに依存しない
    独自技術「CODE:F」の核となる5つのヒューリスティックエンジンで徹底検知!

    日々の更新や端末スキャンの必要がなく、端末への負荷が軽微です!

    アプリケーションを
    脆弱性攻撃から守る
    ZDPエンジン(動的解析)

    メールやWebページ閲覧時の攻撃など、既知・未知の脆弱性を狙ったウイルス攻撃を防御。
    独自の「API-NX」技術(特許第4572259号)で、任意コード実行型脆弱性の攻撃を防御。

    マルウェアの
    侵入を防ぐ
    Static分析エンジン(静的解析)

    プログラムを動作させることなく分析。「PE構造分析」「リンカー分析」「パッカー分析」「想定オペレーション分析」など多数の分析手法「N-Static分析」で検知。

    Sandboxエンジン(半動的解析)

    仮想CPU、仮想メモリ、仮想Windowsサブシステムなどで構成される仮想環境上でプログラムを実行。
    独自の「U-Sandbox検知ロジック」で命令の組み合わせに基づいて検知。

    マルウェアの
    活動を防ぐ
    HIPSエンジン(動的解析)

    実行中プログラムの動作を監視。他プログラムへの侵入、異常なネットワークアクセス、キーロガーやバックドア的な動作などの挙動を、独自の「DHIPSロジック」 で検知。

    機械学習エンジン

    FFRIが収集したマルウェアに関するビッグデータを元に実行中のプログラムを監視。ビッグデータ上の振る舞い特性を抽出し、機械学習で分析した特徴により端末上の悪意ある挙動を検知。

    FFRI yaraiの主な検知実績

    BSTS標的型攻撃対策 FFRI yarai 検知実績

    ご契約頂いている約100社様で、ウイルス対策ソフトをすり抜けてきた「未知の脅威」を毎月約500件もブロックしております。

    FFRI yaraiの主な防御実績

    発生・報道時期 防御エンジン
    リリース時期
    当時の未知脅威及び標的型攻撃 FFRI yarai検知&防御エンジン
    2017年5月2016年10月仮想通貨採掘マルウェア「Adylkuzz」Static分析エンジン
    2017年5月2016年10月ランサムウェア「WannaCry/WannaCrypt」Static分析エンジン
    2017年1月2016年9月IoTマルウェア「Mirai」Static分析エンジン
    2017年1月2016年9月ランサムウェア「Spora」Static分析エンジン
    2016年5月2015年7月不正送金マルウェア「Gozi/Ursnif」HIPSエンジン
    2016年3月2015年7月ランサムウェア「Cerber」機械学習エンジン
    2016年3月2015年7月ランサムウェア「PETYA」Static分析エンジン
    2016年2月2015年7月ランサムウェア「Locky」HIPSエンジン
    2015年12月2015年7月不正送金マルウェア「URLZone」Sandboxエンジン
    2015年12月2015年6月ランサムウェア「TeslaCrypt(vvvウイルス)」Static分析エンジン
    2015年7月2013年11月Adobe Flash Playerの脆弱性
    (CVE-2015-5119、CVE-2015-5122)
    ZDPエンジン
    2015年6月2014年8月日本年金機構を狙うマルウェア「Emdivi」(非公開)
    2015年6月2013年11月Adobe Flash Playerの脆弱性
    (CVE-2015-3113)
    ZDPエンジン
    2015年1月2014年12月Adobe Flash Playerの脆弱性
    (CVE-2015-0311)
    ZDPエンジン
    2014年11月2014年8月医療費通知偽装 マルウェア「Emdivi」Static分析エンジン
    2014年11月2014年8月一太郎の0-day脆弱性(CVE-2014-7247)ZDPエンジン
    2014年2月2013年11月IEの0-day脆弱性(CVE-2014-0322)ZDPエンジン
    2013年3月2013年1月韓国へのサイバー攻撃マルウェアSandboxエンジン
    2013年1月2012年3月機密情報を盗み出すマルウェア「Daserf」Static分析エンジン

    もっと見る

    今なら初期費用と月額費用が最大3ヶ月間無料!

    ※2018年12月21日までに、10ID以上ご契約頂けるお客様限定(先着30社)

  2. 2手続き簡単!組織構造の変化にも柔軟対応

    管理サーバの運用が不要なクラウド型を実現。 「月額課金型」での提供により、必要なときに必要なライセンス契約で利用することができます。ビジネス環境の変化に伴う組織構造の変動にも柔軟に対応でき、貴社環境に最適なシステム投資を実現します。

    • 設備投資(サーバ)不要

      イメージ

      インターネット接続環境があればご利用いただけます。

    • 簡単導入!すぐに利用開始

      イメージ

      「FFRI yarai」のモジュールをお客様のPCやサーバにインストールするだけです。

    • 高い拡張性

      イメージ

      1ライセンス・1ヵ月から利用可能。社員数の増減などにも柔軟に対応します。

    月額 990円 / 1 クライアント

  3. 3手間をかけずに、安心運用を実現!

    ポリシー管理機能を提供する「管理サーバ」運用は富士通マーケティングが行い、お客様を運用の手間から解放します。クライアント・サーバ環境でのマルウェア感染に関しても富士通マーケティングが検知して、お客様に素早くお知らせ。マルウェア検出状況などを月次レポートにしてご提供いたします。

    お客さま

    管理者様/クライアントモジュール

    富士通マーケティング

    ポリシー管理機能を提供する「管理サーバ」の運用代行

    • 例外リストの管理

      業務で必要なアプリケーションがマルウェアと判断されないよう例外リストに登録する作業を代行いたします。

    • マルウェア侵入検知

      マルウェア検知時は、メールにてお客様の管理者様に通知!月次レポートと合わせて、マルウェア侵入検知状況の把握が可能です。

    • 対処支援

      マルウェア検知時の対処などお困りのことがあれば、富士通マーケティングのヘルプデスクへお問合せください。ご支援いたします。

  4. 4クラウド型サービスによるコストメリット

    FFRI yaraiのパッケージ版を購入し導入した場合、TCO(総所有コスト)の大幅削減を実現します。
    下図の試算例はあくまでも参考金額です。詳細につきましては下記のフォームからご連絡ください。

    試算例:PC50台 5年間利用した場合

    パッケージで購入した場合/AZSECURITY BSTS 標的型攻撃対策 FFRI yaraiを導入した場合

利用料金

初期費10万円/1社

月額990円/1クライアント

今なら初期費用と月額費用が最大3ヶ月間無料!

※2018年12月21日までに、10ID以上ご契約頂けるお客様限定(先着30社)

記載されている会社名、製品名などは、弊社または各社の商標または、登録商標です。